2010年09月17日

9月18日の誕生花


アザミ、ホウセンカ、クジャクソウ です。

■ 写真と花言葉


 アザミ(f蔵).jpg

アザミ:「触れないで」
■ 伝承
(1)「禁断の木の実を食べたことでアダムとイブをエデンの園から追放するとき、土地が呪われたものになったため、そこに『茨と薊を生じさせる』と神は宣告した。
ちなみに、茨と薊には共に棘があり、不毛のシンボルのように扱われている」
(2)「1263年ノルウェー軍がスコットランドに侵攻したとき、夜襲のため足音を立てないように素足になっていたノルウェー兵が暗闇の中でアザミを踏みつけ、おもわず叫び声を上げてしまった。その声で危機を察知したスコットランド軍は戦いに勝利した。以来スコットランドではアザミが国花となった」
■ by Wikipedia





 ホウセンカ(f蔵)2.jpg

ホウセンカ:「快活」「せっかち」
■ 物語
「若い木こりが山の中で道に迷い、飢えと疲れで行き倒れるようにして倒れこんでしまった。そこへ、白くて長いひげを生やした仙人のような老人が現れて、『少し待っていなさい』というなり、袖から小さな青い壷を取り出した。糸を小枝に結んでその先を壷の中に入れると、たちまち大きな鯉が釣れ、『これをお上がり』と言う間に、食べ頃の湯気を立てていた。
若者が不思議そうな目をして見ていると、『わしの名は鳳仙じゃ。食べ終わったらついて来るがよい』といって、青い壷の中に片足を入れ、天地を指さしてするすると中に入って行った。若者も同じように真似をして中に入った。中には広い田畑や桃の林などがたくさんあり、老人は、若者を立派な屋敷に通してもてなした。
しばらくすると、見覚えのある道まで案内され、家に戻ることができた。土産にもらった種子を庭に蒔くと、美しい桃色の花が咲き、青い壷形の実をつけた。ホウセンカはこうして生まれたという。」
■ by Wikipedia




 クジャクソウ(f蔵).jpg

クジャクソウ:「可憐な人」「悲しみ」
フレンチマリーゴールドの別名もあるようです。

posted by 散歩道 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

9月17日の誕生花


エリカ と フウセンカズラ です。

■ 写真と花言葉


 エリカ(f蔵)1.jpg

エリカ:英語では「ヒース(heath)」と呼ばれます。
花言葉、「孤独」「幸せな愛を」
■ エリカの物語
「昔スコットランドの先住民ピクト人とキリスト教徒が戦い、ピクト人が敗れ、ビール職人の親子が捕まってしまった。キリスト教徒を率いた王・ケネスは「ヒースビール」の作り方を教えたら許すといったが、二人とも頑として応じず殺されてしまった。そのため秘伝は得られないまま失われたという」
by Wikipedia





 フウセンカズラ(f蔵).jpg

フウセンカズラ:「永遠にあなたとともに」
by Wikipedia


posted by 散歩道 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

9月16日の誕生花


リンドウ、オリヅルラン です。

■ 写真と花言葉


 リンドウ(f蔵)2.jpg

リンドウ:「悲しんでいるあなたを愛する」
by Wikipedia






 オリヅルラン(葉)f蔵.jpg オリヅルラン(花)f蔵.jpg

オリヅルラン:「祝賀」
by Wikipedia


posted by 散歩道 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

9月15日の誕生花


ダリア(赤)とススキ です。

■ 写真と花言葉


 ダリア2(f蔵).jpg

ダリア:「移ろい」
ナポレオンの后ジョセフィーヌがこの花を愛でたことがよく知られています。
by Wikipedia





 ススキ(f蔵).jpg

ススキ:「活気」
秋の七草のひとつです。
日本中の野山に自生し、とても生命力が強い花です。
別名「尾花」
by Wikipedia



posted by 散歩道 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

ベネチア国際映画祭閉幕


■ 時事通信
≪金獅子賞にコッポラ監督「サムウェア」≫
イタリア北部ベネチアのリド島で開かれていた第67回ベネチア国際映画祭は11日夜、最高賞の金獅子賞に米国のソフィア・コッポラ監督の「サムウェア」を選び、閉幕した。日本勢は受賞を逃した。
(記事全文はこちら



■ ウォーカープラス
≪ヴェネチア映画祭『十三人の刺客』公式上映で役所広司「温かい拍手に感動」≫
第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、三池崇史監督『十三人の刺客』(9月25日公開)」が現地時間9月9日22時よりヴェネチア・リド島のSALA GRANDEにて公式上映が行われた。
(記事全文はこちら


■ テレ朝NEWS
≪「十三人…」「ノルウェイ…」受賞ならず≫
「第67回ベネチア国際映画祭」は11日夜(日本時間12日未明)授賞式が行われ、コンペティション部門の金獅子賞には米国のソフィア・コッポラ監督(39)がメガホンをとった米映画「Somewhere」が選ばれた。ロイター電が伝えた。日本から出品された三池崇史監督の「十三人の刺客」と、トラン・アン・ユン監督の「ノルウェイの森」は受賞を逃した。コッポラ監督の「Somewhere」は、ハリウッド・スター(スティーブン・ドーフ)が、別れて暮らしていた11歳の愛娘(エル・ファニング)に再会することで、ドラッグにおぼれていた自分を見つめ直し、再生していく物語。監督は、巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督(71)の長女。女優業を経て監督に転身。今年6月に二女を出産したばかりで、今作を撮影中は妊娠していたことで話題になった。日本公開は来年4月。
(記事全文はこちら


posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

9月13日の誕生花


ネコヤナギ、タマスダレ です。

■ 写真と花言葉


 ネコヤナギ(f蔵).jpg

ネコヤナギ:「思いのまま」「努力が報われる」
by Wikipedia





 タマスダレ(f蔵).jpg

タマスダレ:「汚れなき愛」
「玉簾」と書きます。厚みのある細い葉の様子からこの名で呼ばれたようです。
by Wikipedia



posted by 散歩道 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

9月12日の誕生花


クレマチス、葛 です。

■ 写真と花言葉


 クレマチス(f蔵).jpg

クレマチス:「旅人の喜び」
by Wikipedia





 クズ(f蔵)葛.jpg

葛:「活力」「治癒」
by Wikipedia



藍染めに使う藍も9月12日の誕生花にあげられます。
 by Wikipedia
花言葉は「美しい装い」。


posted by 散歩道 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

9月11日の誕生花


アロエ、ムクゲ です。

■ 写真と花言葉


 アロエ(f蔵).jpg

アロエ:「健康」「万能」
by Wikipedia





 ムクゲ(f)蔵.jpg

ムクゲ(槿):「デリケートな美」
by Wikipedia


posted by 散歩道 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

温泉文化「輸出」?


日本の旅館の「もてなし」は国際的にも評価されていて、その誘致やノウハウを学ぶ動きはベトナムやロシアなどからもあり、温泉文化の「輸出」が進む可能性があるそうです。



■ 加賀屋HP



posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あんなこと、こんなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭は良くなるけれど、王子様は付いてません


世に「毒りんごサブレー」なる商品があるそうです。

その商品は福島県の喜多方市のある商店で売られていて
 ・頭の悪い人は頭にあててから食べると、頭が良くなります。
 ・口の悪い人は口にあててから食べると、言葉が優しくなります。
 ・顔の美しい人は顔にあててから食べると、さらに美しくなります。
 ・それなりの顔の人は顔にあてても直りません。
 ・毎日食べると、体の毒を取ります。
といわれているそうです。

もちろん店主が流した「ウワサ」に違いありませんが、
笑えます。

これが「薬事法違反になる」と会津保健所から指導が入ったそうですが、
ここの店主、このピンチもユーモアでみごとかわしてしまいました。
日本人には珍しい強烈かつ痛烈なユーモアの持ち主ではありませんか。



■ 毒りんごサブレー by google




posted by 散歩道 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月10日の誕生花


シュウカイドウ(秋海棠) です。



 シュウカイドウ(f蔵).jpg

花言葉:「自然を愛す」「恋の悩み」
by Wikipedia



posted by 散歩道 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

女優賞に「悪人」の深津絵里さん モントリオール映画祭


昨日は日本人二人が国際的な賞を受けた日でした。
そのひとつがバルザン賞の中山伸弥京都大学再生医科学研究所教授、
もうひとりが女優の深津絵里さんです。


カナダのモントリオールで開かれている第34回モントリオール世界映画祭で、
6日夜(日本時間7日午前)、「悪人」(李相日〈リ・サンイル〉監督)に主演した深津絵里さん(37)が女優賞を受賞しました。

「悪人」は、芥川賞作家の吉田修一さんが朝日新聞で2006年3月〜07年1月に連載した小説が原作。
単行本、文庫本合わせて130万部のベストセラーです。
映画の脚本は、吉田さんと李監督が共同で執筆しました。

深津さんは、妻夫木聡さん演じる殺人犯と逃走を続ける紳士服店員の役。
出会い系サイトで知り合ったこの男にぬくもりを感じて思いを深め、
破滅へ向かう姿を体当たりで演じています。

モントリオール世界映画祭では、1983年に田中裕子さんが「天城越え」で同賞を受けています。
1999年に「鉄道員(ぽっぽや)」主演の高倉健さんが男優賞、
06年に「長い散歩」(奥田瑛二監督)、
08年に「おくりびと」(滝田洋二郎監督)がそれぞれグランプリを受賞、
昨年は「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の根岸吉太郎監督が監督賞を受賞しました。

■ モントリオール世界映画祭 by Wikipedia

■ 映画『悪人』 HP

■ 深津絵里 by Wikipedia




posted by 散歩道 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPS細胞 バルザン賞 中山教授


【ローマ=南島信也】優れた業績を残した研究者らを表彰しているバルザン財団(本部・伊ミラノ、スイス・チューリヒ)は6日、今年のバルザン賞を京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授(48)ら4氏に授与すると発表した。

 さまざまな組織や臓器に変化するiPS(人工多能性幹)細胞を世界で初めて開発し、難病の解明や治療法の開発などにつながる技術によって医学全般に貢献したと評価された。

 同財団は、伊日刊紙「コリエレ・デラ・セラ」のオーナーだったエウジェニオ・バルザン氏を記念して1956年に設立された。自然科学と人文科学から2人ずつ計4人の研究者が毎年表彰され、人道・平和に貢献した人も数年おきに選ばれる。日本人では、カーボンナノチューブを発見した飯島澄男・名城大教授が2007年に受賞している。

 授賞式は、11月19日にナポリターノ伊大統領が出席してローマで行われる。

■ バルザン賞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%B3%E8%B3%9E






posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もし幽霊から金塊(50万円相当)を貰ったら・・・


9月7日の Narinari.comによると、

幽霊に向かって「お金が欲しい」とお願いをしたところ、それから1週間もしないうちに、パブの経営者が6,500オーストラリアドル(約50万円)相当の金の塊を発見した、ということがあったそうです。

以下、記事のコピーです。

≪「金くれ」幽霊にお願いで発見? 暖炉の掃除をしたら金の塊が出てきた。≫

“困ったときの神頼み”とはよく言うが、「困ったときに幽霊に頼んだら願いが叶った」と主張する人がオーストラリアにいる。パブでシェフとして働く男性は、店の中にいる幽霊に向かって「お金が欲しい」とお願いをしたところ、それから1週間もしないうちに、パブの経営者が6,500オーストラリアドル(約50万円)相当の金の塊を発見したという。

金の塊を見つけたのは、ビクトリア州トレンタムでパブを営むトレイシー・ベリーさん。ベリーさんは8月13日、店にある暖炉を掃除していると、「火床に重くて黒い塊がくっついている」(オーストラリア紙ジ・エイジより)のを発見した。いびつな形をしたその塊をシャベルで拾ってみたものの、「これは何だろう」と正体は分からず。しかし水の中に入れたとき、「塊が金になった」(オーストラリア紙ヘラルド・サンより)という。

この話を聞いて驚いたのは、同店でシェフとして働いているギャヴィン・クロウリーさんだ。彼の話では8月のある夜、クロウリーさんは暖炉の前のソファーでシャーベットを食べながら、閑散となった店内で、店にいるという幽霊に向かって大声で願い事を叫んだらしい。その願いは「少しお金が欲しい、何かくれ」というストレートなものだった。

しかし、このお願いから1週間もしないうちに、彼のお願いが実を結ぶ。「13日の金曜日にトレイシーが火の掃除をして、彼女は金を見つけたんだ」と話すクロウリーさん。見つけた148グラムの塊は、念のため学者に調査を依頼。すると、間違いなく塊は金であると判明し、その価値は「時価およそ6,500オーストラリアドル(約50万円)」(ジ・エイジ紙より)あるそうだ。

メルボルンの金専門家によると、トレンタムは昔、金の採掘地として知られたブラックウッドに近いことから、金の流通が盛んな場所だったそう。そのため、「1890年代まで、人々が金を家に隠すことが一般的だった」(ヘラルド・サン紙より)そうで、今回見つかったのも以前から隠されていたものではないかと推測している。実際パブの入っている建物は、以前は住居のほか、銀行やレストランが営まれていた古い建物で、クロウリーさんは「誰かが煙突に隠したに違いない」と考えているようだ。

ベリーさんは半年前にこのパブを買い取ったそうで、クロウリーさんのお願いの効果なのか、金の発見は棚からぼたもちといったところ。見つかった金は大事に金庫に保管しており、ベリーさんはどうするか考えているという。

幽霊に願いを叶えてもらった(?)クロウリーさんは、いびつな形が「価値を増やすかもしれない」(ジ・エイジ紙より)と貪欲な考えも持っているようだが、どうやら売りには出さない様子。ヘラルド・サン紙では金が「すでに客の呼び物になっている」とし、感触を楽しむお客さんが続々来店しているらしい。どうやら幽霊のプレゼントは、売りに出すより手元に置いたほうが、店にもっとお金を引き寄せてくれそうだ。


■ ちょっと退いてしまいそうな話ですが、金塊の魅力は幽霊の恐怖に勝るのでしょうか、クロウリーさんたち、このお店の人たちはクレバーで明るいですね。

■ Narinari.com

posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月9日の誕生花


シオン、リコリス です。

■ 写真と花言葉


 シオン(f蔵).jpg

シオン:「遠い人を思う」「君を忘れず」
「紫苑」「鬼の醜草(オニノシコグサ)」「十五夜草」とも。
by Wikipedia




 リコリス(f蔵)ヒガンバナ属.jpg

リコリス:「悲しい思い出」
スペイン甘草(スペインカンゾウ)を英名で「リコリス」と呼びます。
また「リコリス」の名でヒガンバナ属の花をさす場合もあります。
(写真はヒガンバナ属のリコリス)
スペインカンゾウ by Wikipedia
ヒガンバナ属 by Wikipedia



posted by 散歩道 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

ベネチア国際映画祭トピックス(3)



Googleアラート「ベネチア国際映画祭」から

■ 映画.com
≪ベネチア映画祭前半は、ソフィア・コッポラ新作&ドヌーブ主演作がリード≫
ジョン・ウー監督が9月3日、第67回ベネチア国際映画祭で、金獅子功労賞の授賞式に出席し、スー・チャオビン監督とともに共同でメガホンをとった新作「剣雨江湖」の上映が行われた。ウー監督は、栄誉ある賞の授与について「初めて連絡を受けたときは、ただただびっくりした。その次に(映画祭ディレクターの)マルコ・ミューラーの冗談だろうと思った。こんな名誉な賞をもらうことができて本当に光栄だ」と喜びをあらわにした。
(続きは記事本文をご覧ください)

■ CINEMA TOPICS ONLINE
≪映画『しあわせの雨傘』ヴェネチア国際映画祭・記者会見&レッドカーペット≫
この度、フランソワ・オゾン監督× カトリーヌ・ドヌーヴが『8人の女たち』以来の強力タッグで贈る『 しあわせの雨傘 』(GAGA配給) が、先ほどヴェネチア国際映画祭にて記者会見&レッドカーペットを実施致しました。 この作品で描いているテーマは「1人の主婦が色々と ...
(続きは記事本文をご覧ください)

■ ウオーカープラス
≪清水崇が世界初の3Dカメラで撮った画期的な3D映画がお披露目≫
第67回ヴェネチア国際映画祭で、3D映画部門の審査委員長に抜擢された、『呪怨』シリーズの清水崇。彼の監督最新作の3D映画『ラビット・ホラー3D』(2011年公開)のフッテージ映像が、9月10日(金)に映画祭のセレモニーの場で、全世界に向けてプレミア上映されることが決定した。
『ラビット・ホラー3D』の主演に、若手注目度ナンバーワン女優の満島ひかり。満島は「おばけが出てきてギャーっと驚くホラー映画は怖くて苦手なのですが、この作品は可愛くて哀しくてキュンとする静かな物語なので、参加することに決めました。ぞっとする場面もありますが、明るいスタッフたちに助けられ楽しく冷静に撮影しています」とコメント。
(続きは記事本文をご覧ください)

posted by 散歩道 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月8日の誕生花


ホウセンカ、イワヒバ です。

■ 写真と花言葉

 ホウセンカ(f蔵).jpg
ホウセンカ:「心を開く」
by Wikipedia





 イワヒバ(f蔵).jpg

イワヒバ:「稔り」
岩場に自生するしだ植物の一種です。
盆栽にも用いられます。
by Wikipedia



posted by 散歩道 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 誕生花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

石川遼、奇跡の優勝、フジサンケイ・クラシック連覇成る


この日の遼クン、パットの読みが微妙に外れる。
17番ホールもバーディパットを外し、その時点で2打差。
TVを見ていて正直「もう追いつけないかな」と思いました。

ところが最終18番ホールで薗田がピンチ、グリーン横の深いラフからの3打目がショート、グリーンに届かず再び深めのラフにボールが落ちる。
ダブルボギー濃厚となった4打目がなんとピンに当たってピンそばに落ちる奇跡のショット。
薗田は18番をボギーに収め、この時点で石川遼にワンストロークリード。
ここまで流れに乗っていた薗田、まだ流れは薗田にあるかに見えていました。

石川遼の18番のテーショットはサイドバンカーに。
このバンカーからの2打目、石川遼はピンそばにぴたりと落としたのです。
TVの解説陣も絶句。このショットは日本ゴルフ史に残る名ショットとなること間違いないでしょう。
遼クンは18番をバーディとし、プレーオフに。

TVはここまでを録画で流していたのですが、ここからPO(プレーオフ)の実況に入りました。POすでに4ホール目、石川遼が微妙な距離のバーディパットを外したところで、中継が時間切れとなりました。

その後のニュースで見ると、薗田はバーディパットを外し、パーパットがカップに蹴られ、勝負がついたわけで、フジTVは一番美味しいところをわずかの時間で逃してしまいました。

■ Sponichi annexには関連記事が4本掲載されています。

遼くん、PO直前18番「バンカー入ってラッキー」

遼くん“同窓PO”制し初の連覇!賞金ランク首位浮上

先輩との壮絶対決、遼くん「不安、焦りもあった」

ミラクル連発も…薗田「来年は3連覇させない」






posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネチア国際映画祭トピックス(2)


■ シネマトゥデイ【第67回ヴェネチア国際映画祭】
スクープ!絶世の美女カトリーヌ・ドヌーヴがヤンクミか!?衝撃の赤ジャージ姿
仏女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演『しあわせの雨傘』(11年正月公開)が現地時間4日、第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映され、劇中で身にまとう“笑撃”の赤ジャージ姿を披露した。 ...(以下は記事本文をご覧ください)

■ シネマトゥデイ
清水崇監督の最新作、満島ひかり主演『ラビット・ホラー3D』、ヴェネチアで映像初披露が決定!
11日まで開催される第67回ヴェネチア国際映画祭においてヴェネチア3Dアワードの審査委員長も務める、ジャパニーズ・ホラーの巨匠、清水崇監督の最新作『ラビット・ホラー3D』の製作発表が決定し、その特別フッテージ映像がプレミア披露されることになった。(以下は記事本文をご覧ください)

■ 中国ニュース通信社Record China
3日、人気女優のマギー・チャンがヴェネチア国際映画祭で出演作「The Leopard」の発表記者会見に出席した
今回のヴェネチア国際映画祭では、オリゾンティ部門にノミネートされたアイザック・ジュリアン監督のショートフィルム「The Leopard」に出演しているが、一切セリフがない女神役で登場している。 久々の映画出演となったマギーだが、「The Leopard」は、アイザック・ ...(以下は記事本文をご覧ください)

■ Yahooニュース(シネマトゥデイ)
菊地凛子、熱愛発覚!お相手はハリウッドの奇才スパイク・ジョーンズ監督!【第67回ヴェネチア国際映画祭】≫
女優・菊地凛子と、映画『かいじゅうたちのいるところ』などで知られるハリウッドの奇才・スパイク・ジョーンズ監督が交際していることがわかった。菊地は現在、映画『ノルウェイの森』(12月11日公開)が出品されている第67回ヴェネチア国際映画祭に参加中だが、ジョーンズ監督も同伴。報道陣の前でも手をつないで現れるなど、堂々とした交際ぶりが話題となっている。(以下は記事本文をご覧ください)

■ NHKニュース
ベネチア国際映画祭 1日開幕
世界3大映画祭の1つ、イタリアのベネチア国際映画祭が1日から開幕します。
村上春樹さんのベストセラー小説を映画化した「ノルウェイの森」など日本の2つの作品が、最高賞を争うコンペティション部門にノミネートされ、注目を集めています。(以下は記事本文をご覧ください)



こうして並べてみると、最後のNHKニュース、ちょとタイミングがずれてます。。。





posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。