2010年10月26日

日本人のゲノム、解読される


日本人の民族的特性とか、どこから来たのかとか、分かるのでしょうかね。楽しみです。

posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

小さい秋見つけた

posted by 散歩道 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

2010年09月13日

ベネチア国際映画祭閉幕


■ 時事通信
≪金獅子賞にコッポラ監督「サムウェア」≫
イタリア北部ベネチアのリド島で開かれていた第67回ベネチア国際映画祭は11日夜、最高賞の金獅子賞に米国のソフィア・コッポラ監督の「サムウェア」を選び、閉幕した。日本勢は受賞を逃した。
(記事全文はこちら



■ ウォーカープラス
≪ヴェネチア映画祭『十三人の刺客』公式上映で役所広司「温かい拍手に感動」≫
第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、三池崇史監督『十三人の刺客』(9月25日公開)」が現地時間9月9日22時よりヴェネチア・リド島のSALA GRANDEにて公式上映が行われた。
(記事全文はこちら


■ テレ朝NEWS
≪「十三人…」「ノルウェイ…」受賞ならず≫
「第67回ベネチア国際映画祭」は11日夜(日本時間12日未明)授賞式が行われ、コンペティション部門の金獅子賞には米国のソフィア・コッポラ監督(39)がメガホンをとった米映画「Somewhere」が選ばれた。ロイター電が伝えた。日本から出品された三池崇史監督の「十三人の刺客」と、トラン・アン・ユン監督の「ノルウェイの森」は受賞を逃した。コッポラ監督の「Somewhere」は、ハリウッド・スター(スティーブン・ドーフ)が、別れて暮らしていた11歳の愛娘(エル・ファニング)に再会することで、ドラッグにおぼれていた自分を見つめ直し、再生していく物語。監督は、巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督(71)の長女。女優業を経て監督に転身。今年6月に二女を出産したばかりで、今作を撮影中は妊娠していたことで話題になった。日本公開は来年4月。
(記事全文はこちら


posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

女優賞に「悪人」の深津絵里さん モントリオール映画祭


昨日は日本人二人が国際的な賞を受けた日でした。
そのひとつがバルザン賞の中山伸弥京都大学再生医科学研究所教授、
もうひとりが女優の深津絵里さんです。


カナダのモントリオールで開かれている第34回モントリオール世界映画祭で、
6日夜(日本時間7日午前)、「悪人」(李相日〈リ・サンイル〉監督)に主演した深津絵里さん(37)が女優賞を受賞しました。

「悪人」は、芥川賞作家の吉田修一さんが朝日新聞で2006年3月〜07年1月に連載した小説が原作。
単行本、文庫本合わせて130万部のベストセラーです。
映画の脚本は、吉田さんと李監督が共同で執筆しました。

深津さんは、妻夫木聡さん演じる殺人犯と逃走を続ける紳士服店員の役。
出会い系サイトで知り合ったこの男にぬくもりを感じて思いを深め、
破滅へ向かう姿を体当たりで演じています。

モントリオール世界映画祭では、1983年に田中裕子さんが「天城越え」で同賞を受けています。
1999年に「鉄道員(ぽっぽや)」主演の高倉健さんが男優賞、
06年に「長い散歩」(奥田瑛二監督)、
08年に「おくりびと」(滝田洋二郎監督)がそれぞれグランプリを受賞、
昨年は「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」の根岸吉太郎監督が監督賞を受賞しました。

■ モントリオール世界映画祭 by Wikipedia

■ 映画『悪人』 HP

■ 深津絵里 by Wikipedia




posted by 散歩道 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

ベネチア国際映画祭トピックス(3)



Googleアラート「ベネチア国際映画祭」から

■ 映画.com
≪ベネチア映画祭前半は、ソフィア・コッポラ新作&ドヌーブ主演作がリード≫
ジョン・ウー監督が9月3日、第67回ベネチア国際映画祭で、金獅子功労賞の授賞式に出席し、スー・チャオビン監督とともに共同でメガホンをとった新作「剣雨江湖」の上映が行われた。ウー監督は、栄誉ある賞の授与について「初めて連絡を受けたときは、ただただびっくりした。その次に(映画祭ディレクターの)マルコ・ミューラーの冗談だろうと思った。こんな名誉な賞をもらうことができて本当に光栄だ」と喜びをあらわにした。
(続きは記事本文をご覧ください)

■ CINEMA TOPICS ONLINE
≪映画『しあわせの雨傘』ヴェネチア国際映画祭・記者会見&レッドカーペット≫
この度、フランソワ・オゾン監督× カトリーヌ・ドヌーヴが『8人の女たち』以来の強力タッグで贈る『 しあわせの雨傘 』(GAGA配給) が、先ほどヴェネチア国際映画祭にて記者会見&レッドカーペットを実施致しました。 この作品で描いているテーマは「1人の主婦が色々と ...
(続きは記事本文をご覧ください)

■ ウオーカープラス
≪清水崇が世界初の3Dカメラで撮った画期的な3D映画がお披露目≫
第67回ヴェネチア国際映画祭で、3D映画部門の審査委員長に抜擢された、『呪怨』シリーズの清水崇。彼の監督最新作の3D映画『ラビット・ホラー3D』(2011年公開)のフッテージ映像が、9月10日(金)に映画祭のセレモニーの場で、全世界に向けてプレミア上映されることが決定した。
『ラビット・ホラー3D』の主演に、若手注目度ナンバーワン女優の満島ひかり。満島は「おばけが出てきてギャーっと驚くホラー映画は怖くて苦手なのですが、この作品は可愛くて哀しくてキュンとする静かな物語なので、参加することに決めました。ぞっとする場面もありますが、明るいスタッフたちに助けられ楽しく冷静に撮影しています」とコメント。
(続きは記事本文をご覧ください)

posted by 散歩道 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

ベネチア国際映画祭トピックス(2)


■ シネマトゥデイ【第67回ヴェネチア国際映画祭】
スクープ!絶世の美女カトリーヌ・ドヌーヴがヤンクミか!?衝撃の赤ジャージ姿
仏女優カトリーヌ・ドヌーヴ主演『しあわせの雨傘』(11年正月公開)が現地時間4日、第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で上映され、劇中で身にまとう“笑撃”の赤ジャージ姿を披露した。 ...(以下は記事本文をご覧ください)

■ シネマトゥデイ
清水崇監督の最新作、満島ひかり主演『ラビット・ホラー3D』、ヴェネチアで映像初披露が決定!
11日まで開催される第67回ヴェネチア国際映画祭においてヴェネチア3Dアワードの審査委員長も務める、ジャパニーズ・ホラーの巨匠、清水崇監督の最新作『ラビット・ホラー3D』の製作発表が決定し、その特別フッテージ映像がプレミア披露されることになった。(以下は記事本文をご覧ください)

■ 中国ニュース通信社Record China
3日、人気女優のマギー・チャンがヴェネチア国際映画祭で出演作「The Leopard」の発表記者会見に出席した
今回のヴェネチア国際映画祭では、オリゾンティ部門にノミネートされたアイザック・ジュリアン監督のショートフィルム「The Leopard」に出演しているが、一切セリフがない女神役で登場している。 久々の映画出演となったマギーだが、「The Leopard」は、アイザック・ ...(以下は記事本文をご覧ください)

■ Yahooニュース(シネマトゥデイ)
菊地凛子、熱愛発覚!お相手はハリウッドの奇才スパイク・ジョーンズ監督!【第67回ヴェネチア国際映画祭】≫
女優・菊地凛子と、映画『かいじゅうたちのいるところ』などで知られるハリウッドの奇才・スパイク・ジョーンズ監督が交際していることがわかった。菊地は現在、映画『ノルウェイの森』(12月11日公開)が出品されている第67回ヴェネチア国際映画祭に参加中だが、ジョーンズ監督も同伴。報道陣の前でも手をつないで現れるなど、堂々とした交際ぶりが話題となっている。(以下は記事本文をご覧ください)

■ NHKニュース
ベネチア国際映画祭 1日開幕
世界3大映画祭の1つ、イタリアのベネチア国際映画祭が1日から開幕します。
村上春樹さんのベストセラー小説を映画化した「ノルウェイの森」など日本の2つの作品が、最高賞を争うコンペティション部門にノミネートされ、注目を集めています。(以下は記事本文をご覧ください)



こうして並べてみると、最後のNHKニュース、ちょとタイミングがずれてます。。。





posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ベネチア国際映画祭トピックス(1)


9月1日からイタリアでベネチア国際映画祭が開かれています。

今年は日本からコンペティション部門に「ノルウェイの森」と「十三人の刺客」の2本がエントリー。
三池崇史監督は「ゼブラーマン」と「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」もアウト・オブ・コンペに招待され、「十三人の刺客」と合わせて一挙に3作品がベネチアで披露される。
同じくアウト・オブ・コンペとして上映される清水崇監督(昨年から開設された3D映画部門の審査員長も務める)の「戦慄迷宮3D」、オリゾンティ部門に出品される園子温監督の「冷たい熱帯魚」、短編部門の和田淳監督作「春のしくみ」を合わせると参加作品は計7本で、例年になく日本勢の健闘が際立っているとのことです。

そこで私はGoogleアラート・ベネチア国際映画祭を送ってもらうことにしましたが、そこにピックアップされている記事を紹介します。

■ AFPBB News 
ベナチア国際映画祭、ナタリー・ポートマンのファッションをチェック
第67回ベネチア国際映画祭で開催された映画『ブラック・スワン』上映会のレッドカーペットに登場した女優のナタリー・ポートマン(2010年9月1日撮影)。写真3葉(写真は記事本文をご覧ください)。

■ アメーバニュース
ベネチア国際映画祭開幕!タランティーノ審査委員長は真しな姿勢
第67回べネチア国際映画祭が9月1日(現地時間)、ダーレン・アロノフスキー監督作「 ブラック・スワン(原題)」の上映とともに開幕した。クラシック・バレエ界の内幕を 扱った同作は、プリマドンナに選ばれたヒロイン(ナタリー・ポートマン)がストレスによって精神的に追いつめられていく様子を描き、アロノフスキー監督らしいタフで見応えのある作品になった。(以下、記事本文をご覧ください)

■ YAHOO!ニュース
村上春樹は映画化快諾 「ノルウェイの森」ベネチア国際映画祭公式会見
(産経新聞9月3日配信)
イタリアで開催中の第67回ベネチア国際映画祭で、コンペティション部門に出品された日本映画「ノルウェイの森」のトラン・アン・ユン監督、主演の松山ケンイチさん、ヒロイン役の菊地凛子さん、水原希子さんが公式会見に臨み、作品の魅力や撮影秘話などについて語った。(以下、記事本文をご覧ください)

■ シネマトゥデイ≫【第67回ヴェネチア国際映画祭】
ヴェネチア国際映画祭開幕!審査委員長タランティーノ監督が公平審査宣言
第67回ヴェネチア国際映画祭が1日、イタリア・ヴェネチアのリド島で開幕し、クエンティン・タランティーノ監督をはじめとするコンペティション部門審査員の会見が行われた。
 今年のメンバーは、審査委員長のタランティーノ監督を筆頭に、メキシコの監督・脚本家のギジェルモ・アリアガ、リトトニアの女優インゲボルガ・ダクネイト、フランスのアルノー・デプレシャン監督、米の音楽家ダニー・エルフマン、イタリアのルカ・グァダニーノ監督、同ガブリエル・サルヴァトーレ監督の7人。タランティーノ監督は、同映画祭ディレクターのマルコ・ミュラーから紹介を受けると、席を立って記者に一礼した後にピースサインを出し、ちゃめっ気たっぷりにあいさつした。(以下、記事本文をご覧ください)


■ ベネチア国際映画祭 by Wikipedia
posted by 散歩道 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

ウォークマン、iPodを抜いた(8月販売台数)


8月の携帯音楽プレーヤー国内販売台数で、
ソニーの「ウォークマン」が米アップルの「iPod」を抜き、
2001年の調査開始以来初めて首位に立ったそうです。

家電製品の市場調査会社BCNによると、
8月の「ウォークマン」市場シェアは47.8%、
「iPod」は44.0%だったということです。


これって、もしかすると”ヤッタ!!”て感じかな?
それとも、もう「iPod」じゃないでしょうってことなのかな?
分かりませんが、とりあえずUP。


■ 参考記事
産経ニュース「ウォークマン、「悲願」のアイポッド超えへ 8月の国内販売」

■ ウォークマン by Wikipedia

■ iPod by Wikipedia




posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

海の中のスイートルーム:モルディブ


09月1日のNarinari.comによると、
リゾート地として人気のモルディブに、海の中のスイートルームの提供を始めたホテルが出現したそうです。


記事の冒頭は

インド洋に浮かぶリゾート地モルディブ。その美しい海を求めて日本からも多くの観光客が訪れるほか、海外ウェディングや新婚旅行先としての人気も高い。そんなモルディブにある「コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド・ホテル」は、先日より新婚カップルに向けたスペシャルなスイートルームの提供を開始した。その部屋があるのは、なんと水の中。美しい海の中を泳ぎ回る無数の魚たちに囲まれたムード満点の部屋だ。

そのホテルの目玉とも言える場所が、海中5メートルに作られたレストラン「イター」だ。半円状の透明ガラスで覆われた水族館のトンネルのような作り、床部分以外の天井部と側面は見渡す限り海の中。青く透き通った海に泳ぐ魚たちを間近に眺められる。

この「イター」を活用して、オープン5周年を迎えた同ホテルが企画したのが、新婚旅行のカップルを対象にした特別スイートルームだ。この空間をスイートルームに模様替えして、新婚カップルに提供・・・

とあります。



記事に掲載されている写真は、酷暑にあえぐ日本人にの目にはとても涼しげに映ります。
お値段のほうはつまびらかにされていないようですが、15万円程度と予想されているとか、

≪新婚じゃなきゃいけないんでしょうか≫という声が聞こえてきそうな気もします。。。


記事本文はこちらをご覧ください。



■ モルディブ by Google


■ モルディブ by外務省


■ モルディブ by Wikipedia



■ Narinari.com


posted by 散歩道 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

人気動画・『English Bulldog watching TV (Family Guy) sitting on a couch』


YouTubeに投稿されている動画の中でも、動物モノは人気が高い。
いま、ちょっとした話題を呼んでいるこの動画、
撮影者が飼っているブルドッグがソファーに座り、テレビのほうを見つめている。
その座り方や、ジッとしている姿が「人間のようだ」と評判を呼んでいるそうです。

8月28日の Narinari.comで見つけました。

記事はこちらから。


記事に添付されている動画を見ると、これ本当に犬?と思ってしまいます。


■ Narinari.com



posted by 散歩道 at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

初音ミク、四コマ漫画に登場


8月26日の Narinari.comによると、

初音ミクを主人公にした4コママンガがスタートすることになったそうです。

「初音ミク」を知らない人から、すでに「初音ミク」で楽曲を制作している人まで、「新たな初音ミクを発見できる作品」に仕上がっているとか。

スタートは9月2日発売の「週刊ヤングジャンプ」40号からということ。
「ミク」ファンには見逃せないかもしれません。


記事本文はこちらからお読みください。

■ Narinari.com




posted by 散歩道 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

NASA  シャトル最後の「目覚ましソング」を公募


8月24日のCNNによると、
NASAが、このほど、最後のスペースシャトルで流す宇宙飛行士の目覚ましソングを、一般からの募集で決めると発表したそうです。

既存の曲のほかに、宇宙をテーマにしたオリジナルソングも募集するとか。
どんな曲が誕生するのでしょうか、楽しみです。

■ 以下は記事のコピーです。

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、11月と2月に打ち上げ予定のスペースシャトルで流す宇宙飛行士の目覚ましソングを、一般からの募集で決めると発表した。シャトルは2月の打ち上げを最後に引退が予定されている。

スペースシャトルでは初期のころから宇宙飛行士が音楽で目を覚ますのが習慣になっているが、これまでは家族や友人が選んだ歌を流すことがほとんどだった。
例えば1969年の月面着陸リハーサルを実施したアポロ10号では、フランク・シナトラの「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」がかかった。

NASAは目覚ましソング公募サイトを開設し、この歌を含めてこれまでにかかった40曲をリストアップ。この中から最も多くの票を獲得した2曲を、11月に打ち上げ予定のシャトル「ディスカバリー」で流す。

さらに、宇宙をテーマにしたオリジナルソングも募集する。こちらはネットで1月10日まで応募を受け付け、一般からの投票で選んだ2曲を、最後のスペースシャトルとなる「エンデバー」で流す。エンデバー打ち上げは今のところ来年2月26日を予定している。

エンデバーの船長を務めるマーク・ケリー宇宙飛行士は「スペースシャトルのスピーカーは最高品質とはいえないが、一般投票でどんな曲を聴くことになるのか楽しみ」と話している。


posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

フェースブック、「Hot Potato」を買収。「今何してる?」


8月23日のAFPの記事によると、

米SNSフェースブックはこのほど、今どこで何をしているかを多機能携帯電話(スマートフォン)などから友人たちに知らせることのできるインターネット・サービス「Hot Potato」を買収したそうです。

Hot Potatoでは自分が今、何を考えているか、何をしているかなどを「チェックイン」して、友人たちに伝えることができるという特徴があり、マイクロブログ「Twitter」と似ているということです。

AFPによれば、フェースブックはこの2日前、自分の位置情報を友人と共有できる「Places」を米国内で新たに開始し、ロケーションベース・サービスに乗り入れたばかりです。

フェイスブックは今年の3月にアクセス数でグーグル越えを果たし、米国で1位となっています。
自分の位置情報を知らせるサービスはGoogle Latitudeに似ていますし、
着々と守備範囲を広げている同社は、要注目ですね。




posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

今度はアメリカの三歳の少女が父の命を救った


22日に中国で九歳の少女が泥棒を撃退したことを記事としてUPしましたが、
今度はアメリカで三歳の少女が父親の命を救いました。

8月23日CNN が伝えました。
以下は記事冒頭のコピーです。

(CNN) 米カリフォルニア州北部で3歳の少女が消防署まで歩いて異状を知らせ、父親の命を救う出来事があった。
お手柄の少女は同州マンテカのアレサウンドラ・タフォヤちゃん(3)。父のフランクさんは自宅で20日に意識を失った。後に本人が地元テレビ局に語ったところでは、一度に飲んではいけない就寝時の薬をまとめて飲んだことが原因とみられる。
アレサウンドラちゃんは自宅から2ブロック離れた消防署まで歩き、父親が「凍りついた」まま目を覚まさないと助けを求めたという。


記事の全文はこちらをお読みください。


posted by 散歩道 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

NASA、ツイッターのフォロアー150人を打ち上げに招待


8月23日のasahi.comによると、

退役まで残りわずかとなったスペースシャトルの打ち上げに、米航空宇宙局(NASA)がツイッターの読者(フォロワー)を抽選で150人招待するそうです。

シャトルは国際宇宙ステーションISSの完成にあわせて、来年2月打ち上げ予定のエンデバーを最後に、退役しますが、
この招待は「最終便」の一つ前となる11月1日のディスカバリーの打ち上げのときで、
米フロリダ州のケネディ宇宙センターで、飛行士や技術者たちの解説付きで見学できるということです。




■ これはなかなかいいですね。
  何人くらいが応募するか、きっとすごい数になるでしょうね。
  当たった人はラッキーですね。


posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

両腕失った青年のピアノに世界が注目「China's Got Talent」


2010/08/14 14:04 Written by 編集部

8月14日のNarinari.comには、本当に驚くべき記事が掲載されていました。

■ ■ 両腕失った青年のピアノに喝采、音楽家への夢を諦めず努力続ける。■ ■ 

英国の“おばさん歌姫”ことスーザン・ボイルをはじめ、オーディション番組で素晴らしい歌声を披露した一般人が、世界中の話題を呼ぶケースが増えてきた。彼らに共通して言えるのは、持って生まれた素質だけでなく、日頃の努力と音楽に対する熱い思いが実を結んだ結果ということ。そして今回、中国のオーディション番組で注目を集めた23歳の青年は、さらに普通の人とは違った厳しい努力をしてきたという。10歳のときに遭った事故で両腕を失ったものの、音楽家の夢を諦めきれずピアノを猛特訓。そしてステージに上がった青年は、足の指で見事な演奏を披露して審査員や観客の心を奪い、会場の拍手喝采を浴びただけでなく、ネットでも大きな反響を呼んでいる。

この青年は北京で暮らす23歳のリュウ・ウェイさん。彼は8月8日に上海で行われた、中国のオーディション番組「China's Got Talent」のステージに立った。この番組は名前からも分かる通り、英米で有名な素人参加型オーディションの中国版として放送されているもの。今大会の優勝者は「上海万博の会場で、英国版・欧米版の優勝者と一緒にパフォーマンスを行う」(新華社より)とあって、さらなる盛り上がりを見せているようだ。

■ 以上はその記事の書出しの部分です。本文全体はこちらからご覧ください。
本文には写真のほか動画も添付されていて、彼の演奏を聴くことができます。


■ Narinari.com


posted by 散歩道 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニャン…じゃなくて、クロヒョウの赤ちゃん(写真集)


8月14日のAFPには、ベルリン動物園で生まれたばかりのクロヒョウの赤ちゃんの写真集(10枚)が紹介されています。

可愛いです。

posted by 散歩道 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。