2010年06月20日

夏至



夏至は二十四節気のひとつで、6月21日か22日ころです。
北半球では、一年のうち昼が一番長く(夜が短い)日です。

夏至以降、二十四節気は、
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
と続いていきます。

梅雨が明ければもう夏。
猛暑の気配がそこまで来ているのでしょうか。


posted by 散歩道 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二十四節季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

2月4日 : 立春

      
今年の2月4日は、立春です。

立春は二十四節気の1つで、

二十四節気は、冬至、小寒、大寒、立春、雨水、啓蟄、春分と続くのですが、

立春は、冬至から春分までのちょうど真ん中にあたります。
      

立春は「春の気立つ」といわれますが、

一般的には

「大寒から立春までは一年のうちで最も寒い季節であり、

立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、

春の気配が忍び入ってくる」

とされるようです。
      

実際、今年の2月1日の夜半から2日の朝にかけて、東京でも雪が降りました。

春はまだまだ遠いという感じですね。
      

古代中国では、昼夜の長短を基準に季節を区分し、

この日から立夏の前日までが春としていたそうです。

また占いでは立春をもって年が変わるとしているものが多いようです。
      

立春の前日が節分、

立春から数えて88日目が、八十八夜、

210日目が、二百十日です。
        

また、立春以降初めて吹く南よりの強風が「春一番」です。
      
      
posted by 散歩道 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 二十四節季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。