2010年08月29日

外装の柔らかい自動車、発進


もう昔、交通戦争という言葉が使われだした頃に、
ある人が「人にぶつかっても人を傷つけない外装の柔らかい自動車を開発するべきでは」と言っていたと聞いたことがあります。

この動画を見てその言葉を思い出しました。

あるタレントが銀座で街頭インタビューをしていたとき、そう答えた人がいたということです。
そのときそのタレントは「そんなバカな」と、とりあわなかったと聞いています。

そのタレントは後に参議院議員を一期務めました。
「そんなバカな」という判断が正しかったかどうか、
先見性があったかどうか、
議員にふさわしい人だったかどうか、

ふと考えてしまいました。


Asahi.comの記事『エアで包まれた電気自動車


posted by 散歩道 at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 生命保険の選び方 at 2010年09月04日 02:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160933813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。